コエンザイムQ10のパイオニアとして
歩み続けて50年以上

日清製粉グループが誕生したのは1900年。やがて製粉事業が軌道に乗り始めると、国内でもいち早く栄養価の研究に乗り出します。
1940年には原料小麦にビタミンB 6を発見し、政府の要請でビタミンの大量生産を開始。続いてビタミンE、ビタミンK1の生産にも取り掛かりました。
そこからビタミン研究で積み上げてきた技術と経験を生かしコエンザイムQ 10の研究に着手。
そして、1966年。世界で初めて、コエンザイムQ 10の量産化に成功しました。
その健康力が話題を呼び、海外はもとより日本でも一大ブームを巻き起こしました。

脂溶性ビタミンやコエンザイムQ10の量産化に貢献した府川秀明氏(元日清製粉㈱常務取締役/農学博士)

商品のご注文・ご変更・お問い合わせはこちら

お電話

通話料無料

0120-241-241

おかけまちがいのないようご注意ください

受付:9:00~18:00
土日祝日・年末年始は休み
ピュアヘルス コールセンター
(通話料無料)

※お客様との電話対応については、応対品質向上の為、録音させていただいております。

FAX
Eメール
お問い合わせページへ

ダイエットメニューとたんぱく質

食事の内容を変化させることでダイエットを行なうというやり方は一般的ですが、少なす過ぎる食事は返って逆効果です。
しかし、カラダに必要不可欠な栄養がきちんと供給されないと、健康を害しダイエットに挫折してしまうことが少なくありません。

たんぱく質が重要

カラダに必要不可欠な栄養素はたくさんありますが、それらの中でもダイエットに必要な栄養は、たんぱく質です。
ダイエットに大切な筋肉を作るためには、筋肉のもとになっているたんぱく質の補充が必須になるのです。
体温維持や、内臓機能の活動など、カラダを保持するために必要なカロリーが基礎代謝です。
ダイエットを順調に進行させることを望むなら、基礎代謝の高いカラダになって、一日で使用するカロリー量をよりたくさんにすることです。
たんぱく質の摂り入れる量が減少して、筋肉が落ちてしまうことが無いように心がけて、ダイエット中でもたんぱく質を摂り入れることが重要です。
たんぱく質がきちんと補えない食事にしていると、ダイエットがうまく行かないこともあるそうです。

基礎代謝を低下させないようにしよう

食事によるたんぱく質の供給ができない場合、人のカラダはホメオスタシスという作用を働かせて、ダイエットのすることが難しい体質をつくったりしてしまいます。
何かしらの不測のアクシデントで十分な食事がが難しくなった時でも、人間のカラダは一定期間は生存していられるようになっています。
それはホメオスタシスが機能し、代謝が一時的に鈍くなることが要因です。
場合によっては、食事から全然たんぱく質が取得できないと、問題が生じているのだとカラダが判断してしまうのです。
ホメオスタシスの作用しない食事の内容にするためには、極端にカロリーを減少させ過ぎず、たんぱく質も一定量は体内に取り込むようにすることがコツになります。
また、たんぱく質を吸収しないと、筋肉が徐々に落ちてしまい、結果的に基礎代謝量も減少してしまうので気をつけましょう。
カラダの中の筋肉量がたくさんある人ほど基礎代謝が高くなりますので、筋肉が多くない人ほど基礎代謝が低く、カラダの中のエネルギーが消費されにくいカラダとなっているのです。
食事の内容を考えるのであれば、たんぱく質を減少させ過ぎたり、極度な低カロリーメニューにしないように心掛けましょう。