コエンザイムQ10のパイオニアとして
歩み続けて50年以上

日清製粉グループが誕生したのは1900年。やがて製粉事業が軌道に乗り始めると、国内でもいち早く栄養価の研究に乗り出します。
1940年には原料小麦にビタミンB 6を発見し、政府の要請でビタミンの大量生産を開始。続いてビタミンE、ビタミンK1の生産にも取り掛かりました。
そこからビタミン研究で積み上げてきた技術と経験を生かしコエンザイムQ 10の研究に着手。
そして、1966年。世界で初めて、コエンザイムQ 10の量産化に成功しました。
その健康力が話題を呼び、海外はもとより日本でも一大ブームを巻き起こしました。

脂溶性ビタミンやコエンザイムQ10の量産化に貢献した府川秀明氏(元日清製粉㈱常務取締役/農学博士)

商品のご注文・ご変更・お問い合わせはこちら

お電話

通話料無料

0120-241-241

おかけまちがいのないようご注意ください

受付:9:00~18:00
土日祝日・年末年始は休み
ピュアヘルス コールセンター
(通話料無料)

※お客様との電話対応については、応対品質向上の為、録音させていただいております。

FAX
Eメール
お問い合わせページへ

限度を無視した食事制限を行なうと…。

ファスティングと申しますのは、ホントに実効性の高いダイエット方法だとして注目を集めていますが、よくわからないままに行なったりすると危険な状態に陥ることがあります。身体に負荷がかかり過ぎないかを確実に検証した上でチャレンジしましょう。
スムージーダイエットを実行すれば、食物繊維であるとか酵素等々を摂取しつつカロリーをダウンさせることが望めますので、痩身したいという方に最適です。
ダイエットサプリと言いますのは、いずれにしても補完するつもりで使うようにしましょう。異常な食生活を改善せずに飲用するだけでウエイトをダウンできるとしたら、そのようなサプリはスルーした方が良いと思います。
チアシードと言いますのは、メキシコを始めとした中南米にて栽培されているチアと呼ばれる植物の種子であって、かなり栄養価に優れ近代人に充足されていない栄養も多種多様に含まれています。
運動しながら体重を落としたいという場合に効果が高いプロテインダイエットなのですが、タンパク質を摂取しすぎますと腎臓に負担を掛けることになります。欲張ることなく常識の範囲内で行なうことが不可欠です。

チアシードと言いますのは食物繊維やオメガ脂肪酸だけに限らず、マグネシウム、鉄分、タンパク質、カルシウムなどが潤沢なことからスーパーフードと言われています。
「カロリー制限をしても、全然減量できない」という方は便秘ということはないですか?溜まったままの状態ですとウエイトも落ちないので、そんな時はダイエット茶を飲みましょう。
限度を無視した食事制限を行なうと、栄養不足が主因となって便秘であるとか肌荒れに見舞われる可能性を否定できません。置き換えダイエットの場合は、そうした懸念もなく食事制限が行えるのです。
カロリー制限に励んでいるという状況なのに、思い通りに減量できないといった方は、脂肪燃焼に実効性のあるダイエットサプリを飲んでみていただきたいです。
「何もしなくても腹筋をパワーアップできる」ということで人気を博しているEMSですが、バランスの悪い食事を継続しているようでは無意味だと断言できます。本当にウエイトを落としたいと希望しているなら、カロリー規制は必須だと言えます。

食事制限を行なうといいますのは、食事を口にしないということを意味するわけではありません。ダイエット食品などを取り入れて栄養は補いながらカロリー摂取に制限を設けることを意味します。
ダイエットを始めると身体に入れる食物量が減るため、便秘になってしまう人が稀ではありません。そういった時は食物繊維が豊富で、デトックス効果も高いダイエット茶を飲むようにしましょう。
脂肪燃焼を助けるダイエットサプリも見られます。なかんずく有酸素運動に勤しむ前に補給すれば首尾よく体重を落とせるので一押ししたいです。
心の底から痩身したいとおっしゃるなら、スムージーダイエットからスタートすればいいと思います。朝食を置き換えるのみのイージーなダイエットなので、プレッシャーなく続けられます。
ダイエットサプリには沢山の種類が市場展開されていますが、特におすすめしたいのが内臓脂肪を低減する働きを期待することができるラクトフェリンという成分なのです。