コエンザイムQ10のパイオニアとして
歩み続けて50年以上

日清製粉グループが誕生したのは1900年。やがて製粉事業が軌道に乗り始めると、国内でもいち早く栄養価の研究に乗り出します。
1940年には原料小麦にビタミンB 6を発見し、政府の要請でビタミンの大量生産を開始。続いてビタミンE、ビタミンK1の生産にも取り掛かりました。
そこからビタミン研究で積み上げてきた技術と経験を生かしコエンザイムQ 10の研究に着手。
そして、1966年。世界で初めて、コエンザイムQ 10の量産化に成功しました。
その健康力が話題を呼び、海外はもとより日本でも一大ブームを巻き起こしました。

脂溶性ビタミンやコエンザイムQ10の量産化に貢献した府川秀明氏(元日清製粉㈱常務取締役/農学博士)

商品のご注文・ご変更・お問い合わせはこちら

お電話

通話料無料

0120-241-241

おかけまちがいのないようご注意ください

受付:9:00~18:00
土日祝日・年末年始は休み
ピュアヘルス コールセンター
(通話料無料)

※お客様との電話対応については、応対品質向上の為、録音させていただいております。

FAX
Eメール
お問い合わせページへ

「何となく運動や減食に取り組めば体重が落ちる」というほど…。

腹筋を強くしたいなら、EMSマシンを導入すれば良いのではないでしょうか?腰が悪いという人でも、恐がらずに腹筋を鍛えることができるというわけです。
男性ばかりでなく、女性だったとしても筋トレは必要だと言えます。凹凸のある身体のシルエットをものにしたいと希望するなら、プロテインダイエットをしながら筋トレを励行することが必須だと言えます。
食事規制をするといいますのは、食事を食べるのを自重するということを意味するわけではなく、ダイエット食品などを常備して栄養は摂りながらカロリーの摂取を控えることを意味するというわけです。
体重を減らしたいなら、長い期間に亘って取り組むことが大切だと言えます。10年かけて蓄積された脂肪だとすれば、同じ程度の期間を費やして落とすことを基本として、負荷が大きすぎないダイエット方法にトライすると良いでしょう。
脂肪は日々の不養生不摂生が主因で僅かずつ蓄積されたものだというわけですから、短い期間でなくしてしまおうとするのは無理があると考えた方が賢明です。長い期間を費やして行なうダイエット方法を選びましょう。

健康的にダイエットしたいと思うのであれば、食事制限はだめです。美容に役立つ栄養を充足させながらも、カロリーはセーブすることが適う酵素ダイエットに取り組むことを推奨します。
仕事で多忙な人でありましても、ダイエットジムの場合は夜中遅くまで通える店舗が多くありますので、仕事が終了してからトレーニングしに行くことも可能です。
「置き換えダイエットのみでは不十分だ。一刻も早く完璧に痩せたい」という方は、時を同じくして有酸素運動に取り組むと、首尾よく痩身することができるはずです。
ラクトフェリンというものは母乳にふんだんに含まれている成分ですが、腸内環境を整える効果とか、内臓脂肪を減らす効果がありますので、ダイエットにもおすすめです。
「何となく運動や減食に取り組めば体重が落ちる」というほど、痩身と言いますのは容易いものではないと断言します。体のラインを綺麗に出す形でダイエットしたいなら、ダイエット食品などを手際よく使うことをおすすめします。

ダイエット方法としてはいろんなものがあることがわかりますが、摂取カロリーを低く抑えたいなら、週の後半を使って行うファスティングが成果も得られやすく良いと思います。
いずれかの食事をプロテインに切り替えるのがプロテインダイエットです。摂取カロリーは落としながら、ダイエットにチャレンジしている人に外せないタンパク質を補充することができるのです。
筋トレを行なうのは減量の為の必須要件ですが、あまり考えずに筋トレを取り入れるのみでは効果もあまり望めません。筋トレに勤しみつつ美しいボディラインを現実のものにしたいと言うならプロテインダイエットが最適です。
耐え難い減食を敢行するシェイプアップの場合は、リバウンドだけじゃなく栄養不良を筆頭とする副作用に悩まされることになります。健全にダイエットできるダイエット方法を見極めて取り組むべきです。
置き換えダイエットと言いましても数多くの方法があるのですが、いずれにしても無難にやり続けることが可能ということから、リバウンドを恐れる必要がない方法だと言えるでしょう。