コエンザイムQ10のパイオニアとして
歩み続けて50年以上

日清製粉グループが誕生したのは1900年。やがて製粉事業が軌道に乗り始めると、国内でもいち早く栄養価の研究に乗り出します。
1940年には原料小麦にビタミンB 6を発見し、政府の要請でビタミンの大量生産を開始。続いてビタミンE、ビタミンK1の生産にも取り掛かりました。
そこからビタミン研究で積み上げてきた技術と経験を生かしコエンザイムQ 10の研究に着手。
そして、1966年。世界で初めて、コエンザイムQ 10の量産化に成功しました。
その健康力が話題を呼び、海外はもとより日本でも一大ブームを巻き起こしました。

脂溶性ビタミンやコエンザイムQ10の量産化に貢献した府川秀明氏(元日清製粉㈱常務取締役/農学博士)

商品のご注文・ご変更・お問い合わせはこちら

お電話

通話料無料

0120-241-241

おかけまちがいのないようご注意ください

受付:9:00~18:00
土日祝日・年末年始は休み
ピュアヘルス コールセンター
(通話料無料)

※お客様との電話対応については、応対品質向上の為、録音させていただいております。

FAX
Eメール
お問い合わせページへ

ダイエット方法に関しては数多ありますが…。

チアシードと言いますのは、メキシコを始めとした中南米にて育てられているチアという植物の種子であって、もの凄く栄養価が高く今の若者に必須な栄養が満載です。
運動を取り入れつつ体重を落としたいという場合に効果的なプロテインダイエットではあるのですが、タンパク質を摂り込みすぎると腎臓に負荷が掛かります。欲張らないで少しずつ進めましょう。
ダイエットサプリを入手するに際しましては、含有されている内容成分をチェックした方が良いでしょう。脂肪燃焼を促進するタイプ、脂肪の吸収を阻むタイプなど各種販売されています。
「肥満体であるというわけではないけれど、腹筋がないため下腹部が気になってしょうがない」といった場合は、腹筋をすると良いでしょう。「腹筋は無理だ」という場合には、EMSマシンを推奨したいと考えます。
プロテインダイエットというのは効果があるのは確かですが、勝手に深く考えもせずにやりますと、健康が害されたりリバウンドに悩まされることになります。スタートする前に意欲的に勉強することが不可欠です。

「ダイエットと言ったら有酸素運動が有効であり、対照的に筋トレに励むと固太りするためやってはいけない」と思い込まれてきましたが、今日ではこの考えが誤りだと評されるようになったのです。
筋トレをすることは減量の近道だと言われていますが、単に筋トレを実施するだけでは非効率だと言えます。筋トレを実施しつつ美ボディを作りたいならプロテインダイエットが最良です。
同一の体重でありましても、筋肉のある人とない人では見た目的に全く持って異なると断言できます。ダイエットオンリーではメリハリのあるボディラインを手にすることはできないので、筋トレが必要不可欠なのです。
食事制限に頑張っている状況なのに、まったく体重が減らないといった人は、脂肪燃焼に有効なダイエットサプリを飲んでみてはいかがでしょうか?
三食の中で高カロリーな食事を1回だけ我慢するのであれば、それを得意としない方でも継続可能です。第一ステップとして置き換えダイエットで3度の食事の中よりいずれかを我慢するところから始めることをおすすめします。

「無理なく続けることが可能なダイエットに励みたい」とお思いの方にフィットするのが置き換えダイエットです。空腹を我慢するようなことがそれほど多くないので、焦らず頑張ってみたいという方にもってこいです。
ダイエットしたいと言うなら、酵素ドリンクとかスムージーを取り入れたファスティングが有効です。すっかり身体の内側から食べたものをなくすことにより、デトックス効果を得ることができます。
ダイエット方法に関しては数多ありますが、あなた自身に合う方法を発見して、焦ることなく長期に亘って実施することが結果を得る肝だと言って良いと思います。
プロテインダイエットを始めるつもりなら、いずれのプロテインをチョイスするかが肝心です。各メーカーから多彩な商品が市場提供されているわけなので、それぞれに相応しいものを見つけましょう。
「精一杯やっているにもかかわらずどうしても体重が落ちない」とおっしゃる方は、ラクトフェリンという成分を摂ってみてください。内臓脂肪増加を阻止することが望めるので、より早く減量可能です。