コエンザイムQ10のパイオニアとして
歩み続けて50年以上

日清製粉グループが誕生したのは1900年。やがて製粉事業が軌道に乗り始めると、国内でもいち早く栄養価の研究に乗り出します。
1940年には原料小麦にビタミンB 6を発見し、政府の要請でビタミンの大量生産を開始。続いてビタミンE、ビタミンK1の生産にも取り掛かりました。
そこからビタミン研究で積み上げてきた技術と経験を生かしコエンザイムQ 10の研究に着手。
そして、1966年。世界で初めて、コエンザイムQ 10の量産化に成功しました。
その健康力が話題を呼び、海外はもとより日本でも一大ブームを巻き起こしました。

脂溶性ビタミンやコエンザイムQ10の量産化に貢献した府川秀明氏(元日清製粉㈱常務取締役/農学博士)

商品のご注文・ご変更・お問い合わせはこちら

お電話

通話料無料

0120-241-241

おかけまちがいのないようご注意ください

受付:9:00~18:00
土日祝日・年末年始は休み
ピュアヘルス コールセンター
(通話料無料)

※お客様との電話対応については、応対品質向上の為、録音させていただいております。

FAX
Eメール
お問い合わせページへ

上半身|年齢と共に新陳代謝がレベルダウンし体重が減りにくくなったと感じている方は…。

スムージーを毎日時間を割いて作るというのははっきり言って面倒でしょうが、市場提供されている物を使いさえすれば手間を掛けずにスムージーダイエットを行なうことができるのです。食事規制でウエイトを落としても、研ぎ澄まされたボディラインはゲットできません。ダイエットには有酸素運動であるとかカロリーコントロールよりも筋トレの方が効果大です。年齢と共に新陳代謝がレベルダウンし体重が減りにくくなったと感じている方は、ダイエットジムで身体を動かして筋肉量を増加させることができれば、きっちりとウエイトを落とせます。ダイエットサプリというのは、どちらにしても補完する意味で利用しましょう。異常なライフスタイルを改めずに飲用するだけでシェイプアップできるとしたら、そうしたサプリは回避した方が得策です。ダイエット茶を活用したダイエットは、常々身体に入れているお茶を変えるだけですから、楽に取り組めると思います。体重を落とした後のリバウンド阻止にも活躍するのでやる価値は十分にあります。「カロリー規制を行なっても、全然体重が減少しない」という方は便秘である可能性が高いです。便秘だと体重も落ちないので、そういった際はダイエット茶が最適です。朝食を乗り換えるだけで気軽に摂取カロリーを抑えることができるスムージーダイエットは、粉末仕様のものを効果的に用いれば、楽に始められるでしょう。ダイエット効果を求めるのであれば、チアシードを水に6~7時間浸して存分に膨張させてから取り扱うことと、定められた摂取量を超えて摂取することがないようにすることが重要です。脂肪燃焼を助けるダイエットサプリも見られます。殊更有酸素運動に取り組む前に飲めば容易に体重を減らせるのでおすすめです。運動とセットで導入したいのがダイエット食品になります。何やかやと食事内容に気を回すことなく、手軽にカロリー摂取を限定することが可能なのです。激しい食事規制を実施する痩身は、リバウンドにとどまらず栄養失調などの副作用が出ることがあります。健康を保持しながら脂肪を落とすことができるダイエット方法をセレクトして取り組むべきです。ダイエット食品を取り入れるのは順調にシェイプアップする上で大事ですが、頼り過ぎてしまうのは無茶だと言えます。定常的に運動をするようにして、消費カロリーが増加するようにしてください。それほど長い期間を要することなく達成できるダイエット方法は、極端であり身体に対する悪影響がないとは言えないものばかりというイメージです。健全にシェイプアップするには、運動を取り入れるべきです。食事規制を実施している状況なのに、どうしても絞れないという人は、脂肪燃焼に貢献するダイエットサプリを摂取してみてください。EMSマシンには女性向けのダイエット効果が高いものから、アスリート男性を想定したトレーニングタイプのものまで、多様な種類が売られています。