コエンザイムQ10のパイオニアとして
歩み続けて50年以上

日清製粉グループが誕生したのは1900年。やがて製粉事業が軌道に乗り始めると、国内でもいち早く栄養価の研究に乗り出します。
1940年には原料小麦にビタミンB 6を発見し、政府の要請でビタミンの大量生産を開始。続いてビタミンE、ビタミンK1の生産にも取り掛かりました。
そこからビタミン研究で積み上げてきた技術と経験を生かしコエンザイムQ 10の研究に着手。
そして、1966年。世界で初めて、コエンザイムQ 10の量産化に成功しました。
その健康力が話題を呼び、海外はもとより日本でも一大ブームを巻き起こしました。

脂溶性ビタミンやコエンザイムQ10の量産化に貢献した府川秀明氏(元日清製粉㈱常務取締役/農学博士)

商品のご注文・ご変更・お問い合わせはこちら

お電話

通話料無料

0120-241-241

おかけまちがいのないようご注意ください

受付:9:00~18:00
土日祝日・年末年始は休み
ピュアヘルス コールセンター
(通話料無料)

※お客様との電話対応については、応対品質向上の為、録音させていただいております。

FAX
Eメール
お問い合わせページへ

ダイエットに役立つメニュー

どのようなプログラムでダイエットをするのかで、ダイエットの成功と失敗に影響します。

食事内容を見直そう!

ダイエットに気を配って食事の内容を構成するのなら、野菜やフルーツを多めにし、油ものや、肉料理を押さえて、カロリー摂取量を管理することが大事です。

食事内容を工夫して、カラダに必要な栄養が満足に摂り入れられるようにすることも、ダイエット中のメニューには肝心だと言えます。

しかし、ダイエットだからといって、全く脂肪分を摂り込まない、ローカロリーのメニューばかりというのは、本当は駄目な食べ方です。

ローカロリーは危険!?

カロリーの低い、脂肪分のない食事に取り組んでいると、健康を害してしまいます。

ローカロリーメニューでダイエットをしていると、健康管理に必要不可欠な脂質が確保できません。

潤いのある、健康的なお肌を保持するには、ある程度の脂質が加えられた食事内容が必要です。

いくらダイエットが目的であったとしても、度を越して食事のボリュームを減少していると、カラダに必要不可欠な栄養が確保しきれず、カラダに異変が出てしまいます。

ダイエットがきっかけとなって、健康を害したという方も存在するようです。

髪が薄くなったり、肌がかさかさになる原因が、ダイエットのために食事を減少させ過ぎたためという方もいるのです。

ダイエットが元凶となりホルモンバランスが崩れ、生理周期がアンバランスになってしまう方もいます。

女性の健康の判断基準に、周期的な生理の存在があります。

厳しすぎるカロリー制限によるダイエットが元凶となって、ホルモンバランスを崩してしまう場合も珍しくないです。

まとめ

ダイエットメニューでは食事内容のバランスをよく考えて、単品メニューにさせないように注意しましょう。

カラダに必要不可欠なビタミン、ミネラル、炭水化物、脂質をしっかりと補給できるようなダイエットメニューにすることがポイントです。