コエンザイムQ10のパイオニアとして
歩み続けて50年以上

日清製粉グループが誕生したのは1900年。やがて製粉事業が軌道に乗り始めると、国内でもいち早く栄養価の研究に乗り出します。
1940年には原料小麦にビタミンB 6を発見し、政府の要請でビタミンの大量生産を開始。続いてビタミンE、ビタミンK1の生産にも取り掛かりました。
そこからビタミン研究で積み上げてきた技術と経験を生かしコエンザイムQ 10の研究に着手。
そして、1966年。世界で初めて、コエンザイムQ 10の量産化に成功しました。
その健康力が話題を呼び、海外はもとより日本でも一大ブームを巻き起こしました。

脂溶性ビタミンやコエンザイムQ10の量産化に貢献した府川秀明氏(元日清製粉㈱常務取締役/農学博士)

商品のご注文・ご変更・お問い合わせはこちら

お電話

通話料無料

0120-241-241

おかけまちがいのないようご注意ください

受付:9:00~18:00
土日祝日・年末年始は休み
ピュアヘルス コールセンター
(通話料無料)

※お客様との電話対応については、応対品質向上の為、録音させていただいております。

FAX
Eメール
お問い合わせページへ

下半身ダイエットにはウォーキングがオススメ!

ダイエットにチャレンジする方の何割かは、下半身を引き締めて見た目のいい容姿になりたいと感じているようです。

プロポーションを改善したいという方は、下半身の減量がピッタリです。

適切な運動が、下半身のシェイプアップには必要不可欠です。

ウォーキングがオススメ

毎日のウォーキングは、下半身を効果的にシェイプアップすることが可能な方法です。

カラダの中に蓄えられた脂肪をスピーディーに燃焼させるには、ウォーキングは非常に優れた方法です。

脂肪を燃焼させることで、下半身のシェイプアップをすることが可能なのです。

下半身のダイエットをを意識してウォーキングに取り組むのあれば、ダイエットに配慮したアプローチが肝心だと思います。

ダイエット向きのウォーキングをすれば、体脂肪をスピーディーに燃焼させることが可能です。

腕を振って歩くことが大切

カラダの中の脂肪を円滑に燃焼するためには、腕を大きく前後に振りながら歩き、カラダの中で活用する筋肉の位置を増加させることが大切です。

ウォーキングするにあたって多くの筋肉を使えば、使われるエネルギーの消費量も増加します。

カラダの中に蓄えられている脂肪を燃焼するには、腕を振りながらのウォーキングが一押しです。

20分以上は歩こう!

スッキリした下半身をゲットしたいのであれば、短すぎるウォーキングではほとんど効果を得る事は不可能です。

長時間のウォーキングに気を配ることも、ダイエット時には肝心だと言えます。

目安として、一回のウォーキングで20分以上続けることが、下半身ダイエットの結果に直結します。