コエンザイムQ10のパイオニアとして
歩み続けて50年以上

日清製粉グループが誕生したのは1900年。やがて製粉事業が軌道に乗り始めると、国内でもいち早く栄養価の研究に乗り出します。
1940年には原料小麦にビタミンB 6を発見し、政府の要請でビタミンの大量生産を開始。続いてビタミンE、ビタミンK1の生産にも取り掛かりました。
そこからビタミン研究で積み上げてきた技術と経験を生かしコエンザイムQ 10の研究に着手。
そして、1966年。世界で初めて、コエンザイムQ 10の量産化に成功しました。
その健康力が話題を呼び、海外はもとより日本でも一大ブームを巻き起こしました。

脂溶性ビタミンやコエンザイムQ10の量産化に貢献した府川秀明氏(元日清製粉㈱常務取締役/農学博士)

商品のご注文・ご変更・お問い合わせはこちら

お電話

通話料無料

0120-241-241

おかけまちがいのないようご注意ください

受付:9:00~18:00
土日祝日・年末年始は休み
ピュアヘルス コールセンター
(通話料無料)

※お客様との電話対応については、応対品質向上の為、録音させていただいております。

FAX
Eメール
お問い合わせページへ

下半身ダイエットに良い食事とは

毎日の食事の内容を改善し、ダイエットに合った食事にすることは、下半身のシェイプアップでも重要な点になります。

食事をどんなふうにして改善することで、下半身のシェイプアップが実現できるでしょうか。

下半身太りの原因その1

下半身太りの要因は一様ではありませんが、その要因の一つがむくみです。

人間のカラダに必要不可欠な塩分に含まれているナトリウムは、水分の保持を促します。

そんなわけで、下半身のシェイプアップをしている方は、特に塩分の摂取し過ぎはやめた方が良いでしょう。

下半身太りの原因その2

下半身が太く見える原因として、セルライトがあげられます。

セルライトが増大する原因としてもナトリウムは影響していますので、塩分はカットした方がいいと言えます。

カラダの中にナトリウムが必要以上にならないように、野菜や、果物を積極的に食べるようにしましょう。

改善するには

カリウムのたくさん含有されている野菜や果物をカラダに取り入れることで、ナトリウムをカラダから排泄できるようになります。

カリウムいっぱいの野菜類や、フルーツ類を摂食することで、ナトリウムを排出し、下半身ダイエットの効き目を際立たせることが可能です。

酵素の存在は、新陳代謝を向上させるためにはすごく重要になります。

ビタミンやミネラルのが足りない状況によって酵素の作用が十分に働かないと、血液やリンパのサイクルが滞り、脂肪が利用され辛くなってしまいます。

ビタミンを摂り入れたい時には緑黄色野菜、ミネラルを取り入れたい時には海藻類がオススメです。

まとめ

下半身ダイエットをしたい方は、緑黄色野菜や海藻類を、積極的に食生活に取り入れることでダイエットに効果が期待できます。

良質なたんぱく質を摂り込んで、脂質の多い食事やカロリーの高い間食を食べ過ぎないように心掛けることが、下半身に脂肪が付きことの防止に繋がります。

毎日の食事メニューをダイエット用に切り替えることで、下半身をシェイプアップしていくことができるでしょう。