コエンザイムQ10のパイオニアとして
歩み続けて50年以上

日清製粉グループが誕生したのは1900年。やがて製粉事業が軌道に乗り始めると、国内でもいち早く栄養価の研究に乗り出します。
1940年には原料小麦にビタミンB 6を発見し、政府の要請でビタミンの大量生産を開始。続いてビタミンE、ビタミンK1の生産にも取り掛かりました。
そこからビタミン研究で積み上げてきた技術と経験を生かしコエンザイムQ 10の研究に着手。
そして、1966年。世界で初めて、コエンザイムQ 10の量産化に成功しました。
その健康力が話題を呼び、海外はもとより日本でも一大ブームを巻き起こしました。

脂溶性ビタミンやコエンザイムQ10の量産化に貢献した府川秀明氏(元日清製粉㈱常務取締役/農学博士)

商品のご注文・ご変更・お問い合わせはこちら

お電話

通話料無料

0120-241-241

おかけまちがいのないようご注意ください

受付:9:00~18:00
土日祝日・年末年始は休み
ピュアヘルス コールセンター
(通話料無料)

※お客様との電話対応については、応対品質向上の為、録音させていただいております。

FAX
Eメール
お問い合わせページへ

有酸素運動で効率よくダイエットを行う方法

ダイエットに欠かせないものが何か知っていますか?

それは、運動と毎日の食事です。

特に有酸素運動は、ダイエットに有効な手段だと言われています。

有酸素運動には何種類もの方法がありますが、継続的に酸素をカラダの中に取り込みながら行うタイプのものです。

ダイエットのために行う人気がある運動は、ウォーキング、ジョギング、サイクリング等です。

有酸素運動では、カラダの中に酸素を取り込んで脂肪を燃焼させ、結果としてできた物質をエネルギー源とします。

ダイエット効果を高める方法とは

有酸素運動でダイエット効果を高めるためには、どのような方法が向いているかご存知でしょうか?

答えは、早朝に有酸素運動をすることです。

朝食を食べる前に、有酸素運動をすることで、ダイエット効果の向上が期待できます。

ただし、体脂肪を燃焼させるためには、最低でも20分間は有酸素運動を継続しなければなりません。

体脂肪は、まずは血液中の糖を使うため、運動を始めてすぐにエネルギーになるわけではありません。

カラダの中に溶けている糖が少ない朝食を食べる前ならば、体脂肪をスムーズに燃焼させることができます。

運動後の6時間は通常の生活をしても代謝が増加し、脂肪も燃焼しやすくなっています。

起床後に有酸素運動をするライフサイクルに取り入れることによって、規則正しい生活がしやすくなるというメリットもあります。

朝食前に運動するという習慣を作ることによって、スムーズにダイエットができる体質になれるでしょう。