コエンザイムQ10のパイオニアとして
歩み続けて50年以上

日清製粉グループが誕生したのは1900年。やがて製粉事業が軌道に乗り始めると、国内でもいち早く栄養価の研究に乗り出します。
1940年には原料小麦にビタミンB 6を発見し、政府の要請でビタミンの大量生産を開始。続いてビタミンE、ビタミンK1の生産にも取り掛かりました。
そこからビタミン研究で積み上げてきた技術と経験を生かしコエンザイムQ 10の研究に着手。
そして、1966年。世界で初めて、コエンザイムQ 10の量産化に成功しました。
その健康力が話題を呼び、海外はもとより日本でも一大ブームを巻き起こしました。

脂溶性ビタミンやコエンザイムQ10の量産化に貢献した府川秀明氏(元日清製粉㈱常務取締役/農学博士)

商品のご注文・ご変更・お問い合わせはこちら

お電話

通話料無料

0120-241-241

おかけまちがいのないようご注意ください

受付:9:00~18:00
土日祝日・年末年始は休み
ピュアヘルス コールセンター
(通話料無料)

※お客様との電話対応については、応対品質向上の為、録音させていただいております。

FAX
Eメール
お問い合わせページへ

脂肪というのは習慣的な不摂生により緩やかに蓄積したもの

ダイエット効果を期待しているのであれば、チアシードを水に寝ている間浸けて十二分に膨らませてから使用することと、使用方法にある摂取量をオーバーして食べないようにすることが大切になります。

いずれかの食事をプロテインに切り替えるのがプロテインダイエットなのです。摂取カロリーは制限しながら、ダイエットにチャレンジしている人に外せないタンパク質を摂ることが可能です。

運動に励みながら体重を落としたいという場合に有効性の高いプロテインダイエットではあるのですが、タンパク質を摂り過ぎてしまうと腎臓に負担を掛けることになります。

欲をかかずに節度を持って取り組みましょう。

減食にトライしているというのに、どうも減量できないとおっしゃる方は、脂肪燃焼に寄与するダイエットサプリを愛用してみることをおすすめしたいです。

腰を据えてシェイプアップしたいと言うのであれば、前向きに運動に励みながらウエイトダウンできるダイエットジムがベストだと思います。

一定の期間を掛ければ綺麗に痩せてリバウンドしにくい体質に生まれ変われます。

食事制限に勤しむというのは、食事を食べるのを自制することを意味するわけではなく、ダイエット食品などを調達して栄養は摂取しながらカロリーの摂取に限度を設けることを意味します。

ダイエットが希望なら、酵素ドリンクとかスムージーを用いたファスティングが有効です。

すっかり身体内部から食べたものを消失させることで、デトックス効果が望めます。

脂肪というのは習慣的な不摂生により緩やかに蓄積したものなのですから、少ない日数で取り除こうとするのは困難な話なのです。

長期間かけて実施するダイエット方法を選ぶべきです。

体調を崩すことなくシェイプアップしたいと思うなら、食事制限は禁物だと知っておいてください。

身体の美容と健康に必要不可欠な栄養を充足させながらも、摂取カロリーは低レベルに抑えることが望める酵素ダイエットに取り組むべきです。

直ちにウエイトを絞りたいと思って、ダイエットサプリをごっそり服用したとしても成果は出ないものと思います。

体内に摂り入れるという際は、一日分の摂取量を守ることが必要不可欠です。

EMSと申しますのは、身体を動かすことなく腹筋を強くすることが可能なのです。

ダイエットの為に取り付けるといった方は、有酸素運動や減食なども並行して実施すれば効果抜群です。

ダイエットのみならず、栄養素がいっぱい入っていることから美髪又は美肌、それにアンチエイジングといった目的にもチアシードは用いられているのです。

食事制限単独である程度以上ダイエットするのは大変です。

注目されるボディラインをものにしたいと言うなら筋トレが絶対必要なので、ダイエットジムに行った方が賢明です。

運動と併せて常用してほしいのがダイエット食品です。

なんだかんだと料理を考案しなくても、簡単にカロリー摂取に制限を加えることが可能になるのです。

「体重を落としたいという希望はあっても、ダイエットを続けることが不可能だ」と言われる方は、気軽に継続することが可能で効果も抜群のスムージーダイエットが相応しいのではないでしょうか?