コエンザイムQ10のパイオニアとして
歩み続けて50年以上

日清製粉グループが誕生したのは1900年。やがて製粉事業が軌道に乗り始めると、国内でもいち早く栄養価の研究に乗り出します。
1940年には原料小麦にビタミンB 6を発見し、政府の要請でビタミンの大量生産を開始。続いてビタミンE、ビタミンK1の生産にも取り掛かりました。
そこからビタミン研究で積み上げてきた技術と経験を生かしコエンザイムQ 10の研究に着手。
そして、1966年。世界で初めて、コエンザイムQ 10の量産化に成功しました。
その健康力が話題を呼び、海外はもとより日本でも一大ブームを巻き起こしました。

脂溶性ビタミンやコエンザイムQ10の量産化に貢献した府川秀明氏(元日清製粉㈱常務取締役/農学博士)

商品のご注文・ご変更・お問い合わせはこちら

お電話

通話料無料

0120-241-241

おかけまちがいのないようご注意ください

受付:9:00~18:00
土日祝日・年末年始は休み
ピュアヘルス コールセンター
(通話料無料)

※お客様との電話対応については、応対品質向上の為、録音させていただいております。

FAX
Eメール
お問い合わせページへ

三度の食事の内1食をプロテインと交換するのがプロテインダイエット

置き換えダイエットと言っても色んな方法があるのですが、いずれにしても順調にやり続けられるということで、リバウンドがあまりない方法だと思っていいでしょう。

数週間程度で成果が出るダイエット方法と言うと、強烈な内容とも言え体に齎すダメージが危惧されるものが大部分を占めます。

体を損なうことなくシェイプアップするためには、運動にも取り組むことが必須です。

「ウエイトを落としたいと考えつつも、ダイエットをやり続けることができない」といった場合は、楽に続けることができ効果も間違いなしのスムージーダイエットがふさわしいと考えます。

ラクトフェリンには内臓脂肪を低減する効果があるとされ、食事規制ダイエットに挑戦している方が服用すると楽々減量できると人気を博しています。

「体重は多くないけれどお腹がポッコリで見栄えが良くない」という筋肉不足の方は、運動を行なうことがなくても腹筋を強化できるEMSを導入してみてほしいです。

真剣にダイエットしたいとおっしゃるなら、スムージーダイエットから始めると良いでしょう。

朝食または昼食を入れ替えるのみの単純なダイエットになりますので、すんなりと取り組めます。

ダイエット方法に関しては数えきれないほどありますが、各々に相応しい方法を選んで、焦ることなく長きに亘って取り組むことが成果を得るためのキーポイントになるわけです。

酵素ダイエットを始めたいなら、酵素ドリンクのセレクトから始めなければなりません。

値段で選ばずに、含有する酵素量などをチェックすることが不可欠です。

食事コントロールに取り組むといいますのは、食事を食べないということではありません。

ダイエット食品などを手に入れて栄養は摂りながらカロリー摂取に制限を加えることを意味します。

男性は勿論、女性でありましても筋トレは必要だと言えます。

メリハリのあるシルエットを我が物にしたいと思うのであれば、プロテインダイエットを取り入れつつ筋トレをすると良いと思います。

腹筋を強くしたいなら、EMSマシンを活用すると実現できます。

腰を悪くしている方でも、怖がることなく腹筋を発達させることが可能です。

有酸素運動であるとか食事コントロールなどと同時に取り入れたいのがダイエット茶です。

食物繊維が包含されているため、腸内環境を改善することができると指摘されています。

ダイエットサプリというものには多岐に亘る種類が販売されていますが、一番摂取すべきだと思うのが内臓脂肪を燃やす作用があるとされているラクトフェリンという有用成分になります。

酵素ダイエットは簡単に始められるだけじゃなく、継続しやすく堅実に消費カロリーを上げることが可能だと断言できます。

初めてダイエットにトライする人にピッタリの方法だと言って間違いありません。

三度の食事の内1食をプロテインと交換するのがプロテインダイエットです。

摂取カロリーは抑制しつつ、ダイエットに頑張っている人に外せないタンパク質を補給することが可能です。