コエンザイムQ10のパイオニアとして
歩み続けて50年以上

日清製粉グループが誕生したのは1900年。やがて製粉事業が軌道に乗り始めると、国内でもいち早く栄養価の研究に乗り出します。
1940年には原料小麦にビタミンB 6を発見し、政府の要請でビタミンの大量生産を開始。続いてビタミンE、ビタミンK1の生産にも取り掛かりました。
そこからビタミン研究で積み上げてきた技術と経験を生かしコエンザイムQ 10の研究に着手。
そして、1966年。世界で初めて、コエンザイムQ 10の量産化に成功しました。
その健康力が話題を呼び、海外はもとより日本でも一大ブームを巻き起こしました。

脂溶性ビタミンやコエンザイムQ10の量産化に貢献した府川秀明氏(元日清製粉㈱常務取締役/農学博士)

商品のご注文・ご変更・お問い合わせはこちら

お電話

通話料無料

0120-241-241

おかけまちがいのないようご注意ください

受付:9:00~18:00
土日祝日・年末年始は休み
ピュアヘルス コールセンター
(通話料無料)

※お客様との電話対応については、応対品質向上の為、録音させていただいております。

FAX
Eメール
お問い合わせページへ

スムージーダイエットにしたら食事制限はできない人でも頑張れる

素敵に減量したいなら、美容にも有効な減量方法に取り組むべきです。

酵素ダイエットを取り入れれば、美容に配慮しつつ体重を着実に落とすことができます。

酵素ダイエットは面倒なく取り掛かれるのはもちろんのこと、継続することも容易で完璧に消費カロリーを向上させることが可能だと言えます。

初めてダイエットにトライする人にうってつけの方法だと言っていいと思います。

ラクトフェリンは母乳にたっぷりとある成分になりますが、腸内の状態を良化する効果や、内臓脂肪を低減させる効果がありますので、ダイエットにも最適です。

一日三度の食事の内高カロリーな食事を1回だけ我慢するということならば、それが嫌だと言う方でも継続することが可能です。

第一ステップとして置き換えダイエットで朝食・昼食・夕食の内のどれかを我慢するところからスタートすることをおすすめします。

置き換えダイエットと一口に言っても数々の方法があるのですが、どれにしても楽に続けることが可能という理由もあって、リバウンドを心配する必要がない方法だと言えそうです。

食事制限だけを取り入れて一定レベル以上ウエイトを落とすのは厳しいです。

注目を浴びるようなボディラインを現実のものとするためには筋トレが肝心ですので、ダイエットジムに通った方が良いでしょう。

プロテインダイエットに頑張るつもりなら、どのプロテインをチョイスするのかが肝になります。

各メーカーからいろんな商品が市場投入されておりますから、各々にフィットするものを見い出してください。

「頑張っているのに一向に減量できない」といった人は、ラクトフェリンという成分がおすすめです。

内臓脂肪を低減することが可能ですので、楽に減量できます。

一刻も早く痩身したいという思いから、ダイエットサプリをがっつり飲用しても効果を得ることはできません。

服用する場合は、上限摂取量を守ることが必須です。

三度の食事の内1食をプロテインと入れ替えるのがプロテインダイエットなのです。

摂取カロリーは制限しつつ、ダイエットに頑張っている人に不可欠なタンパク質を補えます。

ダイエットはもとより、栄養価に秀でていることから美髪もしくは美肌、加えてアンチエイジングといった目的にもチアシードは活用されているとききます。

チアシードというのはオメガ脂肪酸であったり食物繊維ばかりでなく、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、鉄分等々がたくさん包含されていることからスーパーフードと呼ばれているのです。

ファスティングというのは、完了後のフォローが大切だと言えます。

ファスティングによるダイエット期間を終えたからと言って再度暴食をしてしまうようでは、ファスティングも何の意味も持たなくなってしまうでしょう。

スムージーダイエットにしたら食事制限はできない人でも頑張れると思います。

三度の食事のいずれかをスムージーに置き換えるだけというものですから、お腹が空くのと戦うことがないと考えます。

「何の問題もなくやり続けられるダイエットを探し求めている」という人に合うのが置き換えダイエットです。

空腹を耐え忍ぶようなことが割かし少ないので、コツコツと実施してみたいと思っている人におすすめできます。