コエンザイムQ10のパイオニアとして
歩み続けて50年以上

日清製粉グループが誕生したのは1900年。やがて製粉事業が軌道に乗り始めると、国内でもいち早く栄養価の研究に乗り出します。
1940年には原料小麦にビタミンB 6を発見し、政府の要請でビタミンの大量生産を開始。続いてビタミンE、ビタミンK1の生産にも取り掛かりました。
そこからビタミン研究で積み上げてきた技術と経験を生かしコエンザイムQ 10の研究に着手。
そして、1966年。世界で初めて、コエンザイムQ 10の量産化に成功しました。
その健康力が話題を呼び、海外はもとより日本でも一大ブームを巻き起こしました。

脂溶性ビタミンやコエンザイムQ10の量産化に貢献した府川秀明氏(元日清製粉㈱常務取締役/農学博士)

商品のご注文・ご変更・お問い合わせはこちら

お電話

通話料無料

0120-241-241

おかけまちがいのないようご注意ください

受付:9:00~18:00
土日祝日・年末年始は休み
ピュアヘルス コールセンター
(通話料無料)

※お客様との電話対応については、応対品質向上の為、録音させていただいております。

FAX
Eメール
お問い合わせページへ

スムージーダイエットならば減食が嫌な人でも実践しやすい

ラクトフェリンと言いますのは母乳にいっぱい存在している成分になりますが、腸内の状態を改善する効果とか、内臓脂肪を減少させる効果がありますので、ダイエットにも実効性があるはずです。

脂肪燃焼に役立つダイエットサプリも見受けられます。

有酸素運動を実施する前に補給すれば手間なく脂肪を落とせるので一押ししたいです。

置き換えダイエットと言いましても何種類もの方法があるわけですが、どれをセレクトしようとも順調にやり続けることができるという特長もあって、リバウンドする可能性が小さい方法だと考えます。

ウエイトダウンは何か月間又は何年間かをかけて取り組むことが大事になってきます。

10年間で蓄積された脂肪というのは、同程度の期間を費やして落とすことを踏まえて、無茶苦茶ではないダイエット方法を実践することをおすすめします。

ダイエット茶というのは変わった味わいがあるので、初めのうちは無理だと発する方も稀ではないようですが、しばらくすれば無理を感じることなく口にできるようになるはずです。

ヒトが成長するのに外すことができない酵素を取り入れるのが酵素ダイエットというわけですが、手間要らずで開始したいのであればドリンクタイプが一番だと思います。

飲用するだけですので、今からでも開始することが可能です。

「考えつくままに挑戦したけどシェイプアップできなかった」という際は、酵素ドリンクを常飲する酵素ダイエットをおすすめしたいと思います。

長い時間は掛かりますが、確実に痩身することが可能なはずです。

「ダイエットと言うと有酸素運動がおすすめであり、逆に筋トレに励むと固太りするため回避すべきだ」と想定されてきましたが、ここ何年かでこの考えが通用しないと指摘されるようになったのです。

スムージーダイエットならば減食が嫌な人でも実践しやすいです。三度の食事のいずれかをスムージーに切り替えるだけですから、お腹がすくのを我慢する必要がないというわけです。

ダイエットしている時にどうしても何か口にしたくなったら、ヨーグルトが一番だと思います。

ラクトフェリンには内臓脂肪を少なくする効果があるということがわかっています。

ほんの数日間で体重を減らしたいなら、ファスティングダイエットが間違いないでしょう。

摂取カロリーを低減することで、体脂肪をきちんとダウンさせることができる方法です。

今すぐ脂肪を減らしたいという思いから、ダイエットサプリをいろいろ摂取しようとも効果を得ることはできません。

摂り込む場合には、一日分の摂取量を意識することが必須です。

「痩身する必要はないけど腹がポッコリと出ていてダサい」といった人は、運動を行なうことがなくても腹筋の鍛錬が可能なEMSを使ってみることを推奨します。

仕事で忙しい方だとしても、ダイエットジムは夜中の遅い時間帯迄通える店舗ばかりなので、仕事が終わってからトレーニングに取り組むこともできるというわけです。

朝食を置き換えるのみで容易に摂取カロリーを抑制できるスムージーダイエットは、粉末タイプなどを優先的に取り入れれば、何の抵抗もなく始められると思います。