コエンザイムQ10のパイオニアとして
歩み続けて50年以上

日清製粉グループが誕生したのは1900年。やがて製粉事業が軌道に乗り始めると、国内でもいち早く栄養価の研究に乗り出します。
1940年には原料小麦にビタミンB 6を発見し、政府の要請でビタミンの大量生産を開始。続いてビタミンE、ビタミンK1の生産にも取り掛かりました。
そこからビタミン研究で積み上げてきた技術と経験を生かしコエンザイムQ 10の研究に着手。
そして、1966年。世界で初めて、コエンザイムQ 10の量産化に成功しました。
その健康力が話題を呼び、海外はもとより日本でも一大ブームを巻き起こしました。

脂溶性ビタミンやコエンザイムQ10の量産化に貢献した府川秀明氏(元日清製粉㈱常務取締役/農学博士)

商品のご注文・ご変更・お問い合わせはこちら

お電話

通話料無料

0120-241-241

おかけまちがいのないようご注意ください

受付:9:00~18:00
土日祝日・年末年始は休み
ピュアヘルス コールセンター
(通話料無料)

※お客様との電話対応については、応対品質向上の為、録音させていただいております。

FAX
Eメール
お問い合わせページへ

ただ運動して汗を流すのではなくダイエットサプリを活用しよう

ただ運動して汗を流すのではなく、先に脂肪燃焼が望めるダイエットサプリを摂取しておけば、30分以内の運動だったとしまして順調に脂肪を減少することができると思います。

筋トレの何よりのポイントは、キリリとしたボディラインになることができることです。

ダイエットを行なってシェイプアップするだけでは、綺麗な体を作り上げることはできないはずです。

痩身は長期的に取り組むようにしないといけません。

10年掛かって蓄えられた脂肪だとすれば、同年程度の期間を費やして落とすことを心に留めて、負担のないダイエット方法を試してみましょう。

数週間程度で成果が出るダイエット方法というものは、無謀で身体に齎す影響がないとは言えないものばかりのようです。

健全にシェイプアップするには、運動にも努めなければなりません。

スムージーダイエットを実施すれば、食物繊維とか酵素等々を吸収しながらカロリーをダウンさせることが期待できるので、ダイエットしたいという場合に最適だと言えます。

筋トレに取り組むのは減量の為の早道に違いありませんが、適当に筋トレを励行するばかりでは効率が悪いです。

筋トレに取り組みながら魅力的なボディを実現したいならプロテインダイエットにトライすることをおすすめします。

「痩せているけどお腹がポッコリ状態で不格好だ」という筋肉不足の方は、運動を行なわなくても腹筋を鍛えることができるEMSを利用してみると良いでしょう。

ダイエットで体重を減らしても、筋肉が少ないと外見上魅力的とは言えません。

筋トレをすれば、体重は落ちなくても贅肉が見られない誰をも魅了するボディを作れます。

ダイエットのみならず、栄養価に秀でていることから美髪ないしは美肌、それにアンチエイジングといった目的にもチアシードは活用されているのです。

スムージーを毎日早起きして作るというのはなんだかんだと面倒ですが、市販されている物を用いれば手間要らずでスムージーダイエットに挑むことができるのです。

ダイエットサプリと申しますのは、あくまでサポート的に服用しましょう。

食べ過ぎに気を付けることなく摂取するだけでダイエットできるとしたら、そのようなダイエットサプリはスルーすべきだと感じます。

同一の体重でありましても、筋肉が豊かな人と豊かでない人では外見上かなり違います。

ダイエットするのみでは脂肪のほとんどないボディラインをものにすることは不可能なので、筋トレが絶対に必要です。

本腰を入れて体重を落としたいと考えているなら、手を抜かずに運動を敢行しつつ減量することができるダイエットジムをおすすめします。

短いスパンで着実にウエイトダウンできてリバウンドの懸念が不要の体質になることが可能です。

プロテインダイエットを始めるつもりなら、どこのプロテインを選択するかが肝要になってきます。

各メーカーからいろいろな商品が市販されていますから、自身に合致するものを見つけてください。

朝食・昼食・夕食の中より高カロリーな食事を1回だけ我慢するのだったら、それを好まない方でもやり続けられます。

差し当たって置き換えダイエットで1日3回の食事の中でいずれかを我慢するところからスタートしましょう。